TOP > 活水器 Q&A > Q10

他社のセラミック活水器とはどこがちがうの?

元付け「セラミック活水器ウイズピュア」と他社のセラミック活水器を比較した場合、セラミックスが放射する、遠赤外線効果がどのくらいあるかということが重要です。
遠赤外線放射率が低いと、マイナスイオン効果や水を活性化する効果が十分発揮できません。

その場合、天然の花崗岩の方が遠赤外線放射率が高くなるということがありますが、天然の石の場合、硬度が低いので早く摩耗して効果が発揮できなくなるという難点があります。

他社 S社、K社を詳しく調べると、遠赤外線放射率は70%前後ということが解りました。
元付け「セラミック活水器ウイズピュア」の遠赤外線放射率は、93%と比較にならないほど高く、産業通産省工業技術院の特許を取得し、日本水道協会の認証を得ています。

また、耐久性にも優れ、耐圧性能試験や浸出性能試験にも合格しています。
また水質についても、日本食品分析センターの水質基準に適合しています。