TOP > 活水器 Q&A > Q3

家電量販店にある、アルカリイオン水生成器とはどういうもの?

アルカリイオン水生性器も良く売られていますね。

これは、水道水を電気分解して、アルカリイオン水を作る装置ですが、作った水の半分は弱酸性水となり、無駄になってしまうことと、1年に1回くらい1万円前後のカートリッジ交換が必要なことと、機械の命である、電極板の寿命が6年くらいです。

電気製品ということもあり故障もあり、約6年くらいで効果が無くなります。